冷え性解消コンテンツ

酵素って?
酵素で冷え性対策

ココナッツに秘められた酵素パワーで冷え性を解消!

冷え性と睡眠の密接な関係

睡眠と冷え性

冷え性と睡眠は密接に関係しています。

今回はまた番外編。冷え性と睡眠の関係について書いていきたいと思います。

睡眠の役割

睡眠の役割は、脳や内蔵、筋肉を休めて体調を整えることにあります。
睡眠時間が不規則な人や、睡眠不足な人は良質な睡眠を取れず、血流が悪くなり、冷えやすい身体になってしまいます。
また、冷え性の人の特徴として寝付きが悪い人が多いことも広く知られています。
手足の体温が上昇し、身体の体温と基礎代謝が低下することで人は眠りにつきます。
内蔵や筋肉を休めるためです。
冷え性の人は血流が悪いのでなかなか手足の体温が上がらず、眠りにつくまでに時間がかかってしまうのです。

睡眠環境を整えましょう

快適に眠れる温度

人には快適に眠れる温度があります。
それは一般に18~23℃と言われており、例えば冬の寒い日に寒いからといって高い温度に設定しておくと眠る際の体温の低下が妨げられ、睡眠の導入が遅くなってしまいます。

寝具

快適な睡眠環境において欠かせないのが適切な寝具です。
寝具は身体に合ったものでないと、睡眠中に身体の歪みを引き起こすこともあり、睡眠においてとても重要です。
寝具は通気性、保湿性に優れたものを選ぶ方が、睡眠時の不快感を軽減し、途中で起きることなく快眠することができます。
敷き布団はクッション性の高いものを選びましょう。
敷き布団は寝ている身体を支える部分になりますので、寝ている間体幹をまっすぐに保ってくれる必要があるのです。
掛け布団は通気性と保湿性に優れている羽毛布団がオススメです。

睡眠環境を整え、日々の食生活、生活リズムを整え、充実した睡眠を摂ることで冷え性が改善されたという事例もたくさんあります。
まず根本な部分から見なおしてみましょう。
当サイトでご紹介している毎日酵素も、冷え性にはオススメです。

人気酵素ランキング