酵素とは?

酵素というのは一体何なのでしょうか?
あなたの体に深く関わっている酵素について知っていきましょう。

酵素とはたんぱく質の一種で、生物が生きていく上で必要不可欠な栄養素です。
酵素は野菜や果物、発酵食品などに多く含まれています。

酵素には食べたものをしっかりと分解・吸収する力があります。
また、酵素の中に含まれる酵母菌などが腸内環境の正常化に
非常に強力に作用しています。

しかし、現代人は酵素を摂取することが非常に難しく
なっているのが現状です。
その理由として挙げられるのは、
現代の食事はそのほとんどに加熱処理が施されているということ。
酵素はたんぱく質ですので、非常に熱に弱く、50℃~70℃で死滅してしまいます。

生ものや発酵食品を食べなくなってしまった現代人。
もともと持っている体内酵素量は人それぞれ違う上に、有限であることから
消費を辿る一方となっているのが問題点です。

体内酵素には大きく分けて『消化酵素』『代謝酵素』の2種類が存在しています。

有限である体内酵素

体内酵素とは、人間の体内で生成される酵素のことをいいます。
生成する量は一定量に決められています。
体内酵素には消化酵素と代謝酵素が存在し、それぞれに大事な役割をもっています。

消化酵素 代謝酵素
食べたものの分解、吸収を行う
  • 毒素を排出し、血流を促す
  • 病気や怪我などの治癒を行う
  • 免疫力を高める

生成する量の決まっている体内酵素ですが、
代謝酵素よりも消化酵素のほうが優先して生成されます。

つまり、消化酵素のムダ使いをしていては、いつまでたっても代謝酵素が増えることなく、消化酵素をむざむざと消費してしまいます。

そこで、消化酵素のムダ使いを避けるために、食物酵素を摂取するのです。

消化酵素と代謝酵素

食物酵素

酵素って外から補えるの?

限られた体内酵素を有効に利用するために、
私たちは酵素を外側から摂取することができます。
それが食物酵素です。

これらは主に野菜、果物に多く含まれており、
この食物酵素は消化酵素の働きをサポートし、少しの消化酵素で効率よく消化・分解が行えるようにしてくれます。

それによって、一定量しか生成できない体内酵素のうち、消化酵素への振り分けが少なくなり、冷え性改善に関連深い代謝酵素の量が増えます。
代謝酵素が十分に確保されると、毒素が流れ血流が良くなり、末端まで血液がしっかり通うようになります。。
病気の時に食欲が無いのは、消化酵素を節約して代謝酵素を多く生成するためだといわれるほど、重要な役割を果たしています。
またあらゆる細胞の活動を促進する役割もあり、
代謝が向上するため、冷え性知らずの体を作ることができます。

食物酵素を摂取

あなたの酵素は足りていますか?

今だから大切

この食物酵素が現代社会では摂取することが困難となっています。
熱に弱く、50~70℃の熱で酵素は死滅してしまう上に、
最近の食品はほぼ加熱処理が行われています。
食の欧米化が進み、さらに食物酵素を摂取する機会が減りました。
いわゆる、日本食というのは、味噌や醤油、漬物など、発酵食品の宝庫だったのです。
食物酵素を摂取するのが難しい時代だからこそ、必要性が生じ
手軽に食物酵素を摂取できる酵素食品の需要が高まっているのです。

人気酵素ランキング